2級の勉強法は実はこれしかないのです!

sponsored link



2級では高校生が多いとはいっても大人から子供まで様々な人が受験しますし、書籍やネットには色々な情報があふれています。

結局はご自身に一番適した方法を見つけるのが良いのですが、それがわかれば世話が無いですよね。

でもこれだけは言えます。

楽して身に付く勉強法はありませんので詐欺まがいの情報には注意しましょう!

では公式サイトで紹介されている受験者の方はどういう勉強法をしていたかを見てみましょう。

あわせて検定合格塾の勉強法を紹介します。

公式サイトでの受験者の勉強法

公式サイトに掲載するぐらいなので、模範的な勉強法なのだということかと思います。

ほかの級の合格者もそうなのですが、共通しているのは丁寧にじっくり続けていることだと思います。

つまり、特別なウルトラCがある訳ではなく、地道な努力をどれだけ積み重ねているかということです。

A.Hさん(山口県)慶進高等学校2年

英検への挑戦は中学1年生から始めました。英語の先生から英検の存在を教わり、4級から受験し、3級までは順調に合格することができました。3級受験の際には、語い量が増えたので、英検用の教材を買って試験前に集中的に勉強し、通学時間に自作の単語カードを使って単語を覚えました。

その後、中学3年生で準2級にチャレンジしたものの、一次試験で不合格という結果に。そして、高校1年生になってあらためて準2級を受験したところ、一次試験には合格できましたが、二次試験で残念ながら不合格となってしまいました。そして、次の検定で二次試験を受け、三度目の正直でようやく準2級合格をつかみ取りました。その喜びはとても大きかったですね。今年は2級にも挑戦しています。合格という結果が届くのを心待ちにしています。

M.Nさん(広島県)広島新庄中学校2年

英語との出会いは小学1年生でした。英会話教室で、外国人の先生と英語で会話して通じるのがうれしくて通っていました。5年生頃から本格的に英語と向き合うようになり、英検5級にも挑戦したところ、合格することができました。その後も英検への挑戦を続け、6年生で4級に合格し、中学に入ってからは、まず3級と準2級をダブル受験して合格。中学1年の終わりには、2級も受験して合格することができました。

日々の家庭学習でも、教科書の本文をまずノートに書き写し、日本語訳、新出単語とその意味、発音記号を書くようにしています。単元を学び終えるときには、本文を暗唱して、暗写することも欠かさずにしています。英検にチャレンジすることで、語い量も増えたので、それが授業の予習復習にも大いに役立ち、教科書の内容を理解しやすくなりました。最近では英検と学校の授業がつながっているのだと感じ、さらに英検学習にも力が入るようになっています。

H.Kさん(東京都)会社員

2級を受験するにあたり語い力を強化したいと思い、単語の勉強を始めました。仕事をしているとなかなか時間がとれませんが、朝や仕事の空き時間を利用して、少しずつコツコツとやるのが私流です。継続は力なりと言いますが、やはり続けることが大切です。興味のあるところからやり、1日1つでも新しい単語を例文ごと覚えるようにしています。単語や英文が配信されるメールマガジンやPodcastを利用したり、インターネットで洋画を見たりもしています。楽しみながらやることが、長く続けるためのポイントですよね。仕事でお世話になった海外の方とは、facebookを使ってコンタクトをとったりもしていますよ。

検定合格塾の勉強法

各4技能についての技術的な勉強法は、夫々に詳しく説明します。

最も大事なのは、多くの先輩方もいわれているように徹底的にやり込むことです。

あれもこれも手を広げるのではなく、これをやろうと決めたことはやり抜くということなのです。

ただ、何をやるのかは悩みどころですね。

人それぞれに違いますし、当りもあれば外れもある…ので。

そこで、検定合格塾では「過去問」を一押ししています。

なにしろ2級の検定の本番で出題されている試験問題なので、臨場感が違います。

その過去問を問題を暗記・暗唱できるレベルまでやり込みましょう。

暗唱も自己流ではダメです。模範音声を発音から抑揚まで完全コピーですよ。

次に大事なのが、毎日やることです。

5分だけでも良いので、必ずやりましょう。

特に高校生の場合は毎日忙しい!

やりたいことも、やらなければならないことも山積みです。

何にもやりたくない時だってありますからね。人間ですもの。

とにかく、2級の過去問の勉強をする時間を作ることが大切なのです。

ただ、これこそが2級合格の鍵なのです。

繰り返しますね。

過去問を暗記・暗唱するまで徹底的にやる

時間を作り、短時間であっても毎日必ずやる


なんだ、そんな簡単なこと?

そう、そんな簡単なことなのです。

でも簡単だけど難しいですよ。(この意味わかりますよね)

やる内容は簡単でも、毎日まじめに継続することが難しいのです。

検定合格塾では、そこのところを実際の試験に向けて講習しています。

参考リンク

過去問だけだと、何となく物足りないとか、飽きてしまう人にはこちらはいかがでしょうか。

公式なツールで無料なので試してみても良いかも。

公式受験対策で、しかも無料!「スタディギア for EIKEN」を使い倒そう!

sponsored link